2019年4月24日

You are here:  / 賃貸で新生活を始める人必見!1人暮らし向けの間取りとは?

賃貸で新生活を始める人必見!1人暮らし向けの間取りとは?

広く、安い家賃が魅力のワンルーム

1人暮らしの賃貸住宅となりますと、基本的にコンパクトな間取り選びとなるでしょう。無駄に部屋数が多かったり、広かったりしても持て余しますし、掃除など日常的な管理が大変です。候補の一つとしてまず挙げられるのは、ワンルームです。これは、間仕切りがなく台所から居住スペースまで、一体となっているものです。仕切りがない分だけ広くスペースを活用することができるのが特徴となっています。また、家賃も安めで、懐に優しいのもメリットですね。

キッチンが別になっている1K

次は、1Kです。これは、キッチンと居住スペースが仕切られているタイプのものとなっています。仕切りがあるので、来客がある場合でもキッチンを見られることがありません。また、料理の臭いが部屋に充満することもないので、臭い移りなどの心配もなくなりますね。さらに、冷蔵庫の音を遮ることができるのもポイントです。特に睡眠中は、昼間は気にならないような少しの音でも気になったりするものですので、この点は大きいと言えるのではないでしょうか。

1DK、1LDKで余裕のある生活

1人暮らしの人にとっては、前述の2つの間取りが基本的な選択肢となります。しかし、もっと余裕をもったスペースが欲しい、という人は、1DK、1LDKという間取りも候補に挙がってきます。前者は1Kのキッチンに食べるスペースがついたタイプですので、食事をする場所を分けたい人には便利な間取りです。後者はそれにリビングがつき、さらに1つ居室がついたものです。リビングでゆったりくつろいだり、居室を寝室として使うことができるなど、より自由で柔軟な生活空間作りが可能なのが魅力ですね。

賃貸住宅を借りる際には、敷金と礼金、仲介手数料などの経費がかかり、毎月の家賃とは別に共益費という名目の経費も支払う必要があります。