2017年4月27日

You are here:  / 投資用賃貸住宅の管理体制はどうなっているの?

投資用賃貸住宅の管理体制はどうなっているの?

投資用賃貸住宅の魅力

投資用の賃貸住宅というものに、関心を持たれている方も多いのではないでしょうか?でも、賃貸住宅などに投資をすると、家賃の集金はどうするのかとか、借主からの苦情に対応しなければならないのかなど、色々な疑問が湧いてくるものです。つまり、全体の仕組みがよくわからないので、結局敬遠することになってしまうわけです。でも、銀行に預金を預けていても殆んど利子がつかない今の時代、投資用の賃貸住宅を購入するというのも魅力的な手段と言えます。

一括借上げという体制

ですから、投資用賃貸住宅の仕組みについて、以下に簡単に説明しておくことにしましょう。まず、投資用賃貸住宅の管理体制はどうなっているのかということです。この管理体制としては、大きく分けて3つあります。1つ目は、一括借上げという体制です。この場合は、投資家が管理会社に支払う手数料が高めになりますが、管理会社が全室の賃料を投資家に支払ってくれます。仮に空室ができたとしても、その分の賃料も投資家に支払われることになります。

集金管理・仲介という管理体制

2つ目は、集金管理という体制です。この場合は、管理会社が賃料の集金を行ってくれますが、空室となった場合や、借主が支払わない場合には、賃料が投資家に支払われないことになります。3つ目は、仲介という体制です。この場合は、管理会社はただ仲介をするだけで、何もしてくれませんので、投資家が自分で賃料の集金をしなければならないということになります。もちろん、一括借上げから集金管理・仲介となるにつれ、管理会社に支払う手数料は低くなるわけです。

札幌の賃貸マンションは、ローンの審査もないので、長期間のローンの返済に追われるというプレッシャーもありません。